キャッシングの詳細、説明/紹介、申し込み

はじめてキャッシングを利用する方へ

はじめてキャッシングを利用しようと考えてる方は少なからずの不安を感じていると思います。
なにせキャッシング業界というのはあまり良いイメージを持たれていないのが実情です。現在では明るいCM、広告などの効果でそのイメージも良くなってきましたがやはりまだキャッシングを利用したことのない人からすれば、どこか安心しきれない分野であるのは変わりありません。

 

やはり業者からお金を借りるという行為は世間からするとあまり美しいことではないのは事実です。人に打ち明けるのにも少し抵抗がありますよね。
また、テレビや映画でよく見られる激しい取立てのシーンを思い浮かべると、どうしてもどこか悪いことをしているような気がしてきてしまいます。

 

まず一番最初にみなさんに安心して頂きたいのは、現在ではあのような取立ては行われていないということです。「現在では」という表現を使ってしまうと昔はどこでもしてたのかと思われるかもしれませんが、昔でもあのような暴力的な取立てを行っていたのは一部のキャッシング業者とヤミ金と呼ばれる非正規の貸金業者だけでした。

 

現在ではヤミ金でさえあのような取立てを行うことは少ないそうです。大手のキャッシング業者ならばなおさらあのような行為をすることはありえません。
しかしやはり暴力的な取立て、もしくはその他の理不尽な行為というのは完全になくなったわけではありませんのでこのサイトでは大手のキャッシング業者を主にオススメしています。安心感、安全さではやはり大手に勝るものはありません。

 

大手キャッシング業者とは?

大手キャッシング業者とは、アコムをはじめ、モビット、レイク、プロミスなどをさしますが、中でもアコムのキャッシングは口コミでも評判がいいです。理由のひとつは、クレジットカード機能を搭載したACカード(アコムマスターカード)の存在でしょう。

 

そして、注目すべきは、ACカードの審査の時間です。最短で30分という審査時間なので、一般のクレジットカードでは不可能といわれる即日発行も可能にしています。

キャッシングで注意すること

キャッシングにおいて注意しなければならないことというのはいくつかあります。
やはりキャッシングというのはお金を取り扱うサービスなのでトラブルが起きることが多いのです。
いくら大手のしっかりとした業者を利用していてもユーザーが気をつけなければトラブルはどうしても起こってしまいます。
トラブルとして一番起こりやすいのはやはり延滞です。
延滞とは借り入れしたお金を期限内に返済しないことです。延滞が起きてしまうと業者側が困るのはもちろん、自分にも被害が及んでしまいます。延滞をすることで得をする人はいないので絶対に避けるようにしましょう。
延滞をする理由としては単に返済日を忘れて返済し忘れてしまった場合と、返済するだけのお金がなくて返済をあえてしなかった場合の二通りが考えられますよね。
絶対に返済できるようにしておくというのも大切なことですが、返済日を忘れて延滞をしてしまうのは非常にもったいないことだと言えます。

 

キャッシングというのは延滞をしてしまうと遅延損害金というものが発生してしまいます。遅延損害金とは一種のペナルティーみたいなもので通常の金利よりも高いので注意しなくてはなりません。レンタルDVDの延滞料を想像してもらえるとわかりやすいかもしれません。とは言ったもののキャッシングはレンタルDVDほど甘くもないのです。
キャッシングで延滞をすると遅延損害金が発生するばかりでなく、自分の信用に傷がつくことになります。それはその業者に対する信用だけでなく、キャッシング業界全体に対する信用になります。なのでついうっかり返済日を忘れて延滞してしまうというのはできるだけ避けたいものです。

 

一方、返済日を把握しているにも関わらずどうしても返済ができない理由がある場合です。そのときは利用している業者に必ず連絡を入れるようにしましょう。場合によっては対応してくれかもしれません。

キャッシング業者を選ぶ

キャッシングを考えてる方はもう申し込む業者を決めているでしょうか。

 

キャッシングを選ぶときのポイントはいくつかあります。
最初にみんな見るのが金利だと思います。金利というと難しくてなんだかよくわからないですが、一般的なサービスで言うところの値段に近いかもしれません。

 

キャッシングは基本的に手数料や入会金などといった料金は発生しないので自分が支払うお金はこの金利で決まることになります。
やはり値段は安い方がいいのでキャッシング業者を選ぶ際にみんな金利の安いところを必死で探しますが、これはあまりオススメしません。というのも金利だけを見ても業者ごとに大した差はないからです。それでは2つの実在する業者の金利を比べてみましょう。

 

業者A「4.7%〜18.0%
業者B「9.5%〜18.0%

 

言うまでもありませんが、この数字が大きいほど金利が高いことになるのですが、この2つの金利を比較したときみなさんならどう考えるでしょうか?
金利というのはなぜか○○%〜○○%という風に範囲が存在します。
キャッシングを利用したことのない人なら業者Aの4.7%と比べたら業者Bの9.5%はおよそ倍にもなるじゃないかと思う人が多いと思います。しかし金利を比べる際に見なくてはならないのは上限の18.0%の方なんです。なぜかというとはじめてキャッシングを利用する際に払わされる金利というのはほとんどの場合、限りなく上限に近い数値になるからです。もし500万円ほど借りに行くのであれば話は別です。

 

つまり金利というのは借りる額や自身の信用度などによってあの範囲の中で上下するのです。当然、はじめて借り入れをするという人はその分信用度は低いですし借りる額が1万円から数十万円の間なら下限の金利は全く関係ない数字になります。
人間という生き物はどうしても安い方の金利を反射的に見比べてしまいますが、そこがまさに落とし穴なのです。

 

よって上限金利はどこもあまり差はないので比べてもあまり意味がないということになります。
それならばキャッシング業者を比べる際はどこを見ればいいのでしょうか。
それは自分がどのようにキャッシングサービスを利用していきたいかということで決まります。

 

例えば、これから恐らく毎月利用することになるだろうという場合はやはりATMと提携しているか、ATM手数料はいくらか、引き落としに対応しているかといった借り入れ、返済のしやすやを考えなければなりません。返済のしやすいシステムは滞りのない返済をすることにおいてとても重要になってきます。

 

一方で、今月たまたま友人の結婚式が3件も重なってしまってお金が足りない。しかし今後キャッシングを使う予定がないというような方なら、一定期間だけ無利息で融資を行ってる業者を選択するのも1つの手です。なぜかというと無利息キャッシングというのはほとんどの場合、最初の一回しか適用されないからです。これからも利用する人ならば最初だけ無利息でも長い目で見ればあまり意味がありませんが、一回しか利用しないのであれば、どうせなら無利息の方がいいということです。

 

このようにキャッシングを考えてる人の利用目的というのは様々なはずです。自分の利用目的に一番適している業者はどこなのかを考えながら選ぶことが重要になります。